決断力を上げるのに必要なたった3つの事

こんにちは。up主のアキトンボです。

 

欲しいものをどちらか選ばないといけない時って迷ってしまいませんか?

 

さっそくなんですが私も決断するのとっても苦手です。

 

どのくらい苦手かというと、学生時代PSPのゲームでモンスターハンターとゴッドイーターどちらを買うかで3時間近く店頭で迷うくらい。

 

 

この時、せっかく貯めたお小遣いを失敗しないように使うにはどうすればいいのか。

 

そんな自分が今決断するときに心がけていることが3つあります。

 

これを意識するだけでも決断する速さが30倍くらい早くなりました。

 

その内容はこちら

1.自分の目的をはっきりさせる

2.選択肢の情報を並べる

3.制限時間を5分に設定する

 

結局、自分が何を求めているのか、選択したものが自分に何を与えてくれるのか、というのがはっきりしていないと人間というのは決断できないものなんだと思います。

 

 

 

モンハンは人気シリーズの3作目だしなー、けどゴッドイーターのパッケージを見て「こっちも面白そうだなー」と

 

そしてようやく選びました。

 

ゴッドイーター(初代無印)を!!

 

ご存じの方がいるかもしれませんが初代ゴッドイーターは

 

ゲームシステムぶっ壊れのクソゲーです。

 

修正された続編はアクションとスピード感を合わせてモンスターをバッタバッタと倒していくゲームだったのですが

 

初代は「一度倒れたらずっとモンスターという名の車に連続で引かれ続ける交通事故ゲーム」でした。

 

たかがゲーム1つを選ぶのでもこの有様でした。

 

スクイズの伊藤誠やガンダム種運命のアスランより優柔不断じゃないんだろうか。

 

決断力が鈍いのは

1.自分の目的をはっきりさせる

→自分が何が好きなのか、何に興味があるのかを知る。

例えば夕飯を外食にした時「何食べようかなー」と思った時「食べたいもの」を考えるのと同じです。

 

「寿司が食べたい!」とパッと思いつくことはすぐできなくても「肉より魚が食べたいなー」といった希望は思いつくと思います。

 

まずは自分が欲しいと思っているものを考える。

 

2.選択肢の情報を並べる

「これを選んだら満足いくだろうな」というものを考えます。

 

暑い日に冷たい飲み物を買うことってありますよね。

 

あれって体を冷ますという目的を果たすために買います。

 

選択肢に迷った時は、その選択が自分にとって何を満たしてくれるのかはっきりさせると、物事が見えてきます。

 

 

3.制限時間を5分に設定する

 

最後に一番重要なのがこれ。

 

制限時間を設けるということです。

 

メンタリストのDaigoさんがいっていましたが、「人間は制限を賭けられると集中力があがる」という研究成果があるそうです。

 

これと似た内容で「選択肢が多すぎると人間は物事を選べない状態になってしまう」というものがあります。

 

晩御飯のメニューを決めるとき「何でもいいや」と言われると「それが一番困るんだよなぁ」となるのはそのためです。

 

そのため制限時間を設けて「この時間までに決まらなかったら、こっちにする!」と一つの選択肢を決めておけば良いです。

 

何より「考え抜いて決めたとしても選んでみないと答えが分からないことも方が多い」です。

 

 

悩んでいる時間がもったいないので、「目的」「得られるもの」「時間」をしっかり定めるように意識するようにしましょう。

 

では、本日はこの辺で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました